1/3



普段から健康に暮らしていても、 ふと不安になることってありますよね。
σ(^^;にとって、 にゃんこの診療費がその一つ。
いざというとき、困ってしまわないように、また
健康でまだ若いうちに健康保険に入っておこうかな、
でも、人間みたいな便利なもの、あるんだろうか?
そう思って比較してみました。 参考にしていただければ幸いです(^-^)

保険・共済会社が増えました(^_^;)
比較がしやすいように、掛け金2000円前後のプランを中心に掲載してあります。
こちらの比較表に出ているものは、管理人が独自にHPにおじゃまし、パンフレットをとり寄せたり
保険・共済会社の方からの掲載ご依頼により、いただいた資料を基にしておりますが
書きモレなどがあるかも知れませんので、必ず各サイトに行かれてよく吟味してみてくださいね。
▼アニコム ▼日本ペットオーナーズクラブ ▼日本アニマル倶楽部
▼日本ペット共済会 ▼ペット総合保険センター ▼i pet club
▼ペットライフジャパン ▼Mary'sPetClub
▼犬友クラブ
  ▼ペット大好き!保険制度  

比較項目 アニコム 日本ペット
オーナーズクラブ

(スタンダードプラン)
日本アニマル倶楽部
(プリズム)
入会金
年会費
入会金 \3,000
#飼い主単位のため、多頭飼いでは2頭目から不要

年会費無料
入会金 \2,000
年会費 \2,000
(飼い主単位)
入会金 無料
年会費 無料
掛け金 品種・年齢・地域により異なる。


4歳混血・東京: \1,960
3歳ロシアン・東京 : \1,880
1歳・混血・東京: \1,630
年齢により異なる

120日〜3歳: \1,500
4〜7歳: \1,600
8〜10歳: \2,000
11歳〜13歳: \2,400
猫は月額 \2,200
年払い \24,000
多頭割引
2頭
3〜4頭
5頭以上
5%
6%
7%
3頭以上 10%
2頭
3〜4頭
5頭以上
5%
10%
15%
その他割引制度など 去勢・避妊割引 5%
健康割増引 30%- 〜 20%+
健康割引
次年度5%
3年以降10%

老齢者割または
障害者割引5%
障害者等割引10%
通院 治療費の50%
1日1万円・年間20万まで
狂犬病も対象
1治療 \6,000
ただし年3回まで
通院治療費1日5,000円
年間累計60日まで
(年間30万円まで)
入院 治療費の50%
1日1万・年間20万まで
狂犬病も対象
1日 \6000
年間18万まで
入院治療費1日1万円
年間累計30日まで
(年間30万円まで)
手術 治療費の50%
1回10万・年間20万まで
ただし、2回目は同一原因でないもの
1万〜3万 治療費とは別に3万円給付
(年2回まで)
がん診断
お見舞い金
- 避妊ずみ:6万
避妊していない:4万
治療費とは別に5万円給付
(年1回まで)
死亡
お見舞い金
- 5万 治療費とは別に5万円
また、高度後遺症傷害として、治療費と別に5万円給付(ケガが原因の場合のみ)
ワクチン
費用
掛け金\390の特約プラスで
実費が支払われる
( \5,000限度)
- -
健康返戻金 1年 \3,000 〜
9年以上 5万円
- -
終身継続 可能 加入時6歳未満なら可能 可能
加入条件 ・生後4ヶ月〜9歳未満

・1年以内に3種混合ワクチン
を接種していること。

・健康であること。

・ペットであること。

・6ヶ月以内に下記の病気をしていないこと
:心不全、腎不全、糖尿病、フィラリア症、悪性腫瘍、重度の外耳炎、 FIV、Felv、神経疾患、 ヘモバルトネラ症、バベシア症
・120日以上〜14歳未満

・先天性異常の既往症がないこと。

・予防接種で防げるウイルス性の病気でないこと
・4ヶ月以上10歳未満の家庭猫 (室内飼育・ 屋外飼育問わず、血統問わず)

・猫は3種混合ワクチンを接種していること。

・ペットであること
免責事項
(健康体に施す
処置
はほぼ共通)

・食物、療法食、ビタミン剤などの健康食品(但し、入院中の食事を除く)、その他物品

・往診費、時間外診療費

・狂犬病補償対象となった。

詳しくはこちら

・皮膚病・先天性疾患
股関節形成不全、膝関節形成不全など。

新規加入後15日は免責

など。
・現在治療・療養中の疾病に限定して完治後6ヶ月間は免責。

・申し込み日を含め初めの15日間は免責

・タクシー費用

詳しくはこちら
加入手続 4ヶ月〜5歳11ヶ月まで
告知書による自己申告

6歳以上8歳11ヶ月
告知書+加入審査(健康診断書) <- 健康診断は自己負担となるが、アニコム対応病院での加入審査においては負担なし。

ペットの写真・毛根提出
7歳までは、所定の告知書のみで加入。

それ以外は健康証明書(所定)の提出要


ペットの写真1枚提出
所定の「ペット共済制度 加入申込書」「告知書(自己申告)」提出
対応病院 全国の動物病院で利用可。

対応病院では、証券の提示で自己負担のみで利用可能。
(人間の保険証のように使用)

非対応病院では、普通に診療を 受け、加入者が給付金請求を行う
全国の動物病院で利用可 全国の動物病院で利用可
備考 - 他にワイドプラン(掛け金\3,500〜\4,200)デラックスプラン(掛け金 \2,200〜 \3,500)などあり。 病院の診断書料金・文書作成料も保障とは別に全額給付される。
同一疾病の再発や同一部位のケガも保障。

▼アニコム ▼日本ペットオーナーズクラブ ▼日本アニマル倶楽部
  次ページ以降にあり ↓  
▼日本ペット共済会 ▼ペット総合保険センター ▼i pet club
▼ペットライフジャパン ▼Mary'sPetClub ▼犬友クラブ


>>Next
counter