龍たんの定期健康診断を始めたのは、去勢手術の時でした。
もともと長男が腎臓を悪くして治療に通った経験があっただけに、
龍たんがPlumに比べて多飲・多尿であることが気になっていたcatnap。

1998.10.31 去勢手術をしていただくのと一緒に
尿検査と血液検査をお願いしました。

ちっこは、トイレに座ってきもちぃぃーって顔してるところを
スーパーなどで買ったタッパーにとって、そのまま持っていきます。

1998.10.31 血液検査には特に異常は見られませんでした。
ただし、BUNやクレアチンの値というのは、腎臓の75%がダメになっていないとほとんど変わらない。 つまり、片方の腎臓が悪くても、もう一つが大丈夫なら、値としては出て来にくいものであるというのです。 血液検査でひっかかるということは、だいぶ進行しているということに。
はてさて、でわ、尿検査の結果はというと、 蛋白が出ていると言うことで、1ヶ月後に再検査していただくことに。 (-_-;)がーん
1998.11.29 尿検査のみ。結果は1ヶ月前とほぼ同じ。
これから半年に一回くらい定期健康診断をして、様子を見ていくこととする。
1999.5.29 尿検査のみ。血液検査をする予定にしていたのですが、尿検査の結果 に
変化が見られないので、特に必要ないという結論に。
尿検査では、結晶が微量見られましたたが、問題のない程度であるため、
このまま次回まで様子を見ることに。
1999.12.4 尿検査と血液検査(全血検査+腎機能の生化学検査)
尿検査は特に変化なし。前回出ていた結晶は今回はマイナス。
蛋白は+であったものの、問題のない程度であるという。
血液検査、現状維持ではあるけれども、要注意、という診断が出されました。
このため、いままで半年ごとに一回だった検査を3ヶ月に1回とし、
結果によっては、お薬を飲むようにするかも知れません。
2000.3.5 ちっこも取れれば持ってきてネ、と言われていたのですが、
結局出かけるまでしなかった龍たん。血液検査だけとしました。
結果、前回低かったBUNの値が上がっていたため、
問題なし、ということにヽ(^o^)丿。次回は半年後でいいとのことでした(^o^)
龍たん、よかったねー
しかし、どんどん病院きらいになるような(-_-;)
しかも帰ってきたら いきなり ちっこしてるし・・・
2000.9.1 尿検査のみ。前回も問題がなかったし、血液検査は不要であろうということで、 ちっこを持って行き、龍たんはお留守番。
しかし、結果はブドウ糖の検出と赤血球の値に異常が見られました。
これは、catnapの採り方に問題があったのかも、、、
(今回はジャムの瓶じゃなかったのにぃぃぃ。しかし、そうだと思いたい)ということで、 失敗のないように「ウロキャッチャー」をいただきました。
これで1週間後にまた検査です。(T_T)あう。。。
2000.9.13 実に5日遅れで再検査。 なぜって、龍たんにちっこするのを拒否されて、なかなか採取することができなかったのであります(>_<)
それにしても、ウロキャッチャーは便利な代物でした。 ちっこしてるおちりの下に入れると、どんどん吸いこんでくれました(^^;;;さすがスポンジ。。。
やはり、1日のやつは、σ(^^;の失敗でした。ブドウ糖、赤血球ともに異常なしでした。が、白血球がちょっと。。。結晶が少しだけど検出されました。多分そのせいでしょうと(^^ゞ
次の検査は3ヶ月後としました。
2001.1.5 尿検査のみではあるものの、まるでちっこが採れませんでした。
おまけに採れたのもほんのちょっとで、
力無くドクターに見ていただくと、ストラバイト結晶が出たとのおまけつき。。。
採ってから時間が経っていたので、もう一度採ることに(^^;;;
2001.3.16 すぐにまた採るはずだったのに、2ヶ月経ってしまいました。
口にカイヨウが出来て、吐いたりしたので、病院へ行った3日後、
気がつくとすぐ近くでちっこをし出したので、あわててウロキャッチャーを
持って採取。今度はすぐに持って行きました。
結果、今回ストラバイトは出ず、異常なしとのこと(^o^)よかったー。
2001.9.18 朝からそわそわとトイレに入っては出ていた龍たん。
Plumにジャマされて何度も失敗していたので、採取できるんじゃないかと
狙っていたところ、夕方にゲット成功(^o^)
ずっとしていなかった血液検査もかねてしていただきました。

尿検査は基準値から外れている値はあるものの、顕微鏡では
異常がみつからず、BUN、CREとも異常なしであったため
次回からは年に一度にしようか、ということに。

それにしても、緊張でからだがかたーくなっているので触診ができにゃい。。。
レントゲンしかないな、と言われてしまう龍たんてイッタイ。。。
2003.1.4 尿検査。久しぶりの健康診断なので、異常があったら血液検査
すればいいや、とウロキャッチャーに吸わせたちっこだけ持って病院へ。
結果、異常(潜血)ありで、再検査に(-_-;)
腎炎の可能性ありだって。 またかよぉ。。。
ウロキャッチャー1個200円(税抜き価格)にビックリ。
そんなに高かったっけ?使い捨てなのに、それってどうなの?(^◇^;)
つーことで、今度から、100円ショップで、タッパーでも買って
使うことに決定(ダメ???)
なお、再検査は1週間後ということで、次の連休くらいに。 はぅぅぅ。
次回また異常があれば血液検査を。
2003.1.11 尿検査。朝からずっと待ち続け、あきらめかけた頃に
トイレに入る龍たんを見てかなり慌て、しかもおちりをあっちに向けて
していたためにうまく採れず、ウロキャッチャーを砂に落っことしてしまう。
スポンジにうまく吸い込ませることもできなかったので量も足りないかと
あきらめつつ持っていったところ、量はまだしも「バクテリアだらけだけど
どうやってとったの?」とドクターにつっこまれてしまう(-_-;)
もー絶対タッパーにしたるぅぅぅ。
潜血はやはり出ているということで、1週間抗生物質を飲ませ、
その後に再度尿検査をし、それでまだ出るようなら血液検査他を
することに。
2003.1.19 尿検査。土曜日は出勤で行けなかったため、日曜日に。
ウロキャッチャーには懲りてしまい、
100円ショップでタッパーを購入。
なんと、4個で100円だって↓。やすい(^▽^)



使い勝手はまぁまぁというところ。
もう少し大きいと採りやすいのだけど、これ以上大きいと
今度は深さもあるものになってしまうので
逆に採りにくくなってしまいそうなのだ。
それでもウロキャッチャーよりは幅も長さもあるけど。。。

尿検査の結果はクロで(-_-;)、来週末に確定診断が必要とのこと。
2003.1.25 血液検査。 数値は「血液検査項目比較」に。
CREAが正常値内ではあるものの、少し上がってきていました。
とはいえまだ正常値なので、ノーマル食でいいのではないかとの診断。
エコーと造影検査を来週末にすることに。
2003.2.1 エコー・尿路造影検査の結果、糸球体腎炎であろうという診断。
腎盂腎炎の可能性は低いとのことで、治ることはないとのこと。
ひとまず、尿にタンパクと潜血が見られるのでステロイドと抗生剤を飲ませて
1ヶ月後にひとまず尿検査。(抗生剤は感染予防に)
血液検査も定期的にやって症状をこまめにチェックしていくしかない。
子猫のときから多飲多尿だったし、
検査結果もいつもよかったわけでもないので
一応覚悟はしてきたことなので、なんとかこの病気とつきあっていくしか
ないだろうな、と考えておりますf^_^;
2003.3.1 尿検査。
1ヶ月ステロイドと抗生剤を飲ませた結果、
蛋白は減っていたものの、潜血は変わらず。
よくなっているとは言えないけれど悪くなってはいないとのこと。
このままステロイドを飲ませることに。
抗生剤はこの先、1ヶ月に1週間飲ませてあとはステロイドだけに。
1日1回1個だったのを今度は1日2回1/2個に変更して
また1ヶ月後くらいに尿検査である。
2003.3.22 尿検査。
なんと今回は潜血が消えているとのこと。
次回の予定4/5(検査なし。お薬だけf^_^;)では抗生物質をもらい
それと同時にステロイドの量も少なく調整しようということに。
飲まなくてもいいように早くしたいねー



1月に100円ショップで購入したタッパは蓋が外れやすくて
ドクターからクレーム((^^;;;)が出たので、3個パック100円のタイプに。
これはレンジ用として売っているので蓋もしっかり閉まる d(^-^)
2003.5.4 尿検査。
今回の検査で潜血は見られず。
お薬はあと2週間だけ、1/4錠を1日1回飲んで終了となった。
次の検査は、7月上旬で、そのときに出てないといいけど(^_^;)
でもひとまずはお薬終了でよかったー 。

ちなみに、上のタッパ、結局ちっこ漏れてました(^_^;)
どうも隙間から漏れたらしい。
σ(^^;の運転が乱暴なのかにゃぁ?
100円ショップで一緒に購入しておいた、ジッパーつきのクリアパック
(ジップロックみたいの。B6サイズ。100円で12枚)に入れてったので
被害は特にございませんでした。。。 (↓こんなカンジ)

2003.7.6 尿検査。
今回の検査でも潜血は見られませんでした。
次の検査は3ヶ月後で、それまでお薬は飲まなくていいんだって。
龍たん、よかったねー♪
2003.10.5 3ヶ月ぶりの尿検査で、そろそろ出るかなぁという悪い予感が的中(^_^;)
潜血が復活し、PHが高くなり、結晶も増えていました。
こりゃタイヘン。ということでまたお薬(ステロイド)を飲むハメに。
とりあえず1/2個ずつ、1日2回。
抗生剤は2週間後(18日)〜1週間、1/2個を1日1回。
忘れないように18日から飲ませないとなぁ。
しかし、PHが高くなったのは何が原因なんだろう。
あんまり頻繁にゴハンを食べさせているからアルカリ度が高くなって
しまってるのかしら。
2003.11.3 尿検査。土曜日、日曜日ととれず、やっと月曜日の夜中1時に。
病院に着いたら1時半よ。そんな時間急患しかいないって(^◇^;)

検査の結果、結晶はなくなっていたものの、潜血、PH、蛋白とも
なんの変化もみられませんでした。
(つまりよくなってない)つーことでお薬継続ね、龍たん。。。
PH高くなっていたので、ゴハンを1日6回から4回に減らしたんだけど
うまくいかなかったなぁ。
2003.12.7 尿検査。潜血、PHは前回と変わらず(つまりよくなってない)
蛋白にいたっては、さらに悪化。
お薬を現在「1/2錠を1日2回」服用しているところを
「1錠を1日2回」へ増やす。
また次回は、尿検査とともに血液検査を行い、
検査結果によって、お薬を変えようということに。
2004.1.11 尿検査、血液検査。血液検査。 数値は「血液検査項目比較」に。
尿検査の結果、潜血、PHは前回と変わらず。
お薬を変えることに。
今回のお薬は3日に1回1錠。不定期なので忘れそう。
カレンダーに○を大きくつけた。
また、血液検査の結果、ALBの値が高く、脱水が起きているので
お水をよく飲ませるように言われる。わんこ用の大きなステンレス食器を
買ってきてキッチンのラック前に置いておくと、龍たんはそれがいつものより
大きいので飲むものだと認識できず、ぼーっと前に座るばかり(^_^;)
仕方ないので水面をちょちょいとたたいて波立たせると、
「あ、お水。。。」と気づいて飲みだした。あほかーーー
2004.2.7 尿検査。潜血、PHは前回と変わらず。
蛋白は少しよくなった模様。
ただし、細菌が出ているとのことで、前回抗生剤の処方がなかったため
かもということで抗生剤復活。
1ヶ月に1週間は飲ませることに。
蛋白に関して今のお薬が効いているようなので変えず、
抗生剤も前回と同じものに。(1日1回1/2錠)
2004.3.6 尿検査。潜血は前回と変わらなかったものの、
蛋白はよくなり、PHも7から6.5へ。前回出ていた細菌も-(マイナス)
に転じたので、お薬が合ったよう。
しばらくこれを続けることに。
抗生剤も前回と同じものに。(1日1回1/2錠)
2004.4.3 尿検査。PHが7に戻った以外は特に前回と変わりなし。
変わりがないということは、お薬が効いていないのかも知れないし
飲んでいないと逆にこの状態が保てないかも知れない。
それを確かめるために、今回ステロイドをお休みして
検査をすることに。ただし、抗生剤を飲んでいるときの状態を
見たいとのドクターのお話で、昨日からまた1週間飲ませ、
会社が休めれば今度の週末に尿検査を。

お薬をいただいてから、なくならないうちにまたいただいたり、
お薬が急に変わったりしていたため、家に残っているものが
結構あったので、まとめて持っていったら返金してくれた。
なんと、1,417円の返金!なんか助かったーーー
2004.4.10 3日の夜(ただしくは4日の明け方)から抗生剤を飲ませ、
1週間経ったので尿検査を。
結果はPHが7だった以外は正常範囲。
潜血も消えていた。抗生剤を飲ませている間は
潜血にも効果があるらしい。また、ステロイドは飲ませる必要は
ないのかも知れない。

1ヶ月おいてまた1週間抗生剤を飲ませ、その後の尿検査で
どうなっているか見ることに。
とりあえず、あと1ヶ月はお薬なしだよー>龍たん♪
2004.5.15 9日の夜(10日の明け方)から抗生剤を飲ませ、その間に
尿検査をすることになっていたので、病院へ。
最近、お昼をあげるまではちっこをせず、食べ終わって
まったりすると、トイレに入るような習慣になっているので
以前に比べると採りやすくなってきた。
これがこのまま続くかどうかはギモンだけど(^-^;)

結果は、潜血がまたちょっと出ていたものの、以前のようにではなく
ビミョーに出ている程度。
あとはよい状態にあるので、あえて2ヶ月お薬なしでやってみて
また検査をしてみることに。それで悪くなっていたら
抗生剤が必要な体、ということになる。
2004.7.24 仕事が忙しく、ゆっくりとちっこが採れる状態でなかったので
病院でちっこを採ってもらい尿検査。
特に悪くなっているわけでもなく、ただ潜血が多いので
心臓が悪い人が飲むお薬が効く場合もある、という情報があり
試してみることに。ただし効かない場合もあるとのこと。
1ヶ月後にまた検査である。
2004.8.21 ゆりぴ(妹)の引っ越しなどもあり、また病院で
ちっこを採ってもらおうと連れていったものの
前回は入った管が入らない。
尿道が狭くなってしまったのか???
最後には痛いのか「おわーーーーん!!!」と叫んだので
ドクターがあきらめて、1ヶ月分のお薬を飲んで
その間に採れれば採ってきて、とのこと。
採れなければ鎮静をかけて尿検査とエコーをすることに。
石がたまっている可能性もあるので、尿閉塞に注意である。
2004.9.19 結局ちっこは自力で採れず、鎮静をかけて導尿を行った。
同時に血液検査をしてみると、CREAがかなり悪くなっており
バクテリアが尿から検出されたため、10月月末から1ヶ月の間に
もう一度ゆっくり検査をすることに。
休みの取れる土曜日に朝から連れてって検査である。
2004.11.20 今回は血液検査、尿検査、エコーを行った。
尿検査の結果はそんなに悪くはなかったが、比重が1.03と低いのが
気になるとのこと。
また CREAの数値が前回よりさらにあがっており、エコーの結果も
片方の腎臓の活動期が過ぎているらしく、これからは3ヶ月ごとに
上記の検査と造影も行い、今のままBUNがあがらないようであれば
悪い方の腎臓を摘出した方がいいとのこと。
またそろそろ、腎臓病用のフードに変えた方がいいということで、
次回の検査に行ったくらいから変えなければならないかも。
血液検査数値は「血液検査項目比較」に。
2005.2.19 血液検査、尿検査、レントゲンを行った。
尿検査の結果、phが7と高くなっていたのと
亜硝酸塩が検出されたことから、細菌培養に出すことに。
結果は1週間後である。
また、他はなにも好転していないことから、以前経過がよかった
ステロイドを戻すことに。そして培養の結果によっては
抗生剤も復活である。
血液検査数値は「血液検査項目比較」に。
2005.4.3 今回は尿検査のみ。
前回、龍たんは導尿がしにくいので、たまには自分で採ってくれ、
とドクターに言われたのでがんばって採る。
てゆーか、龍たんがひさびさなので油断してたのだ(^-^;)
ちっこを採ったものを車で持って行くのにいろいろ試していたのだけど
今の車のドリンクホルダーにぴったりなタッパーを100金でゲット。

てゆーか買ったものが偶然MARCHにぴったりだっただけ。。笑
検査結果はいつもと変わらず、また1ヶ月後に今度は
血液検査と尿検査を。
2005.5.21 数日前に急に食べなくなった龍たん。
元気はちょっと出たものの、缶詰と混ぜないと依然食べられない。
かと思ったら、ほかの2匹も食べなくなってきた。これってなんか、、、変。
今回はお水を飲む元気もなく、ちっこもしないので、
直接病院で導尿してもらい検査。予定通り血液検査も行う。
結果は特に変化もなく、中耳炎なのなら、抗生剤を飲んでいれば
また食べられるようになるだろうとのこと。確かに抗生剤は切れて
いたのだけど。。。
血液検査数値は「血液検査項目比較」に。
なお、導尿の際ちんちんの先についていた組織を培養に。
こちらは結果が出たら連絡してもらう。
2006.4.22 ずっと更新をさぼっていましたが、
血液検査数値を「血液検査項目比較」にアップしました。
2006.8.20 今回は尿検査と血液検査を行いました。
最近警戒して全然とらせてくれないので、病院でちっこも
とってもらいました。
尿検査の結果で、潜血が久々にでてしまい、何かの要因なのか
ちっこをとるときに傷つけたかわからないので、また次回の結果を
みてからということに。あとは問題なしでした。
血液検査の結果は後日。
2006.10.01 前回の血液検査の結果、特に糖尿病とも言い切れず、
また定期的に診て行きましょうということで、
今回は尿検査のみを行いました。
龍たんがちっこを採ってもらうとき、決まって顔側を
抑えるのは看護士さんでなくてアタシなんですが、、、
噛まれるのはアタシってことかい。笑
前回心配された潜血は今回は出ず、v(^^ )ホッ。
2007.2.4 尿検査は特に異常ありませんでしたが、
とうとう「腎不全の初期」と宣告されました。
いつかは来ることだとは覚悟してましたが、あーあ。
腎臓に負担のかからない療法食に切替えて様子をみます。
また、これから療養生活をするにあたって、ブログを始めました。
龍たんの健康状態や、ねこたちの生活の様子などを発信して行きます。
よろしければお越しくださいませ。→こちら
また、血液検査数値は「血液検査項目比較」に。
2007.5.27 尿検査の導尿であんまり龍たんが暴れるので、血が一緒に
入っちゃいました。で、結果は潜血「+++」
ドクターも「ひえー。笑」だって。笑うなー(^-^;)
やっぱり今度は自分で採って行かないとダメですね。
てゆーか、採ってくるよう言われました。わかったよ。。。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2007.9.2 尿検査の結果で、久々に出ました。ちっこの細菌。
ここんとこずっと出てなかったんだけど、これはちっこをとったときのものとは
とても思えないくらいの量ということで( ̄□ ̄;)!!
また抗生剤を復活させることに。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2007.12.16 尿検査の結果で、亜硝酸塩がまた出たので、1ヶ月後にちっこだけ
持って来てね、と言われる。
でも潜血が無かったのでとりあえず今回は抗生剤を免除。
来月また亜硝酸塩が出たら復活させるみたい(^-^;)
さて、 今回めでたく、血液検査の結果が良くなりました。
慢性腎不全の宣告を受けてから一番いい数値です。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2008.2.10 1ヶ月後には採れず、2ヶ月後にもって行きました。ちっこ。(;´▽`A``
特に問題はないけど「きちゃない菌」がたくさん出たとのこと。
新品のタッパーを使ったはずだったんだけど、買ってきてから洗ってなかった?
というわけで、また1ヶ月後に持ってくることに。
2008.4.27 3月に入り、花粉症の影響から気管支喘息を起こしてしまったため
龍たんの検査を受けることができずにいました。
体力やっと回復したので、血液検査も一緒に。
あいかわらずバクテリアは出るので、一度膀胱に直接針を刺して
尿を抜いた方がいいかも知れないが、尿検査の結果自体は良好だし
緊張するとカラダが固くなってしまう子なので、鎮静をかけて行うことになるし
ということで、尿検査の結果が悪くなったらやりましょうとのこと。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2008.8.3 ママ(アタシ)の具合が悪く、耳が塞がった状態に。以前も内耳関係で入院したので、またか、と思っていたらストレスだそうでヽ( _ _ ;)。安定剤飲んでこっちはそれこそ安定中。つーことで、ちょっと龍たんの検査は遅れましたが・・・
尿検査についてはとても結果がよく、今まで飲んでいた血圧降下剤(シンベノン)をひとまずやめてみようということに。
その代わり、「一筋縄ではいかないね」といわれてしまったのが血液検査結果でした。
フードを療養食に替えて以来、順調にきていたCREAが久しぶりに2.7と正常範囲を超えて。
あと少しで新しい超音波装置が入るから、ということで、次は鎮静をかけて詳しい検査をしようということに。普通は3ヶ月後となるところですが、悪くなったときのことを思い、今回は次回の検査までを2ヶ月とすることに。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2008.10.11 8月の検査がCREAが高かったため、2ヶ月後に再検査。
この結果が悪ければ、 鎮静をかけて詳しい検査をしようと言われていたため、フードを腎臓サポートから新発売の腎臓サポートスペシャルに替えたり、Hill'sのk/dの割合を多くしたり、それなりに努力してみました。
結果、尿検査はまったくの異常なし。お薬も次まで飲まないでやってみようという話に。血液検査数値は「血液検査項目比較」に書きますが、数値がよくなっていたので、結局鎮静をかける検査は今回は免除。
鎮静をかけたらマイクロチップを入れてもらおうかと思っていたのが、(挿入用の針が太くて飛び上がる子が多いと聞いていたため)かけなくなったので、どうしようかと悩んだ末、 入れてみることに。
ところだ龍たん、わりと平気でした。(^o^;)
たぶん、いつも尿道に管入れたりしていやがっていたので、それよりずっとマシだったんだろうなー。
ぶっさしたときは無反応で、挿入するときちょっと「ふぅぅん・・・」とつぶやいた程度。f(^_^;)
その後リーダーで、ID番号が読めるのを確認して終了。
できれば、他の2にゃんもこんなに簡単に済ませたいものです・・・
2009.1.17 3ヶ月経ったので、通常の尿検査と血液検査。
尿検査の結果、亜硝酸塩が+、潜血も++という結果に。
潜血については、導尿のときに傷つけているかも知れないので、自然排尿のちっこを1ヶ月以内に持って来るように言われる。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
(血液検査結果は特に異常なしです。)
2009.2.15 ギリギリ1ヶ月以内でちっこが採れました。笑
その結果、潜血は無事無くなりました。やはり導尿が原因だったのかも。
しかしながら、去年の8月に良くなったはずの、バクテリアがまた検出されているのと、亜硝酸塩はかわらず。
2週間抗生剤を飲ませて、また自然排尿のちっこを持って行くことに。
2009.2.28 2週間の抗生剤服用が終わったので、またちっこを持って病院へ。
結果は前回と変わらず。
潜血もないんだけど、バクテリアと亜硝酸塩が+・・・・
あと1週間だけ飲ませて、その後1週間以内にもう一度自然排尿のちっこを持って行くことに。
それで同じ結果なら、いよいよ鎮静をかけて直接膀胱に針をさしてちっこを採ります。
なるべく鎮静はかけたくないんだけど・・・
2009.3.21 予定としては、3月中旬にちっこを持って行く予定だったのが、14日の土曜日にいくら待ってもちっこしてくれず、、、
ドクターにメールで、日曜日にちっこ取れなかったら直接連れて行っていいかとたずねたところ、鎮静をかける可能性があるので、診療時間の短い日曜日でなく、来週の土曜日の午前中に来るように言われました。
ということで、鎮静をかけられ、おなかに針をぶっさされた龍たんの写真はブログ(3/22の記事)でどうぞ。ヽ( _ _ ;)
結果、バクテリアはほとんど消えていたので、尿道かあるいはもっと外側の問題かと思われよかったのですが、亜硝酸塩は変わらず検出。
腎盂腎炎の可能性もあるため、培養に出してみることに。
2009.6.6 前回培養に出した結果は好気性菌、嫌気性菌ともに陰性ということで腎盂腎炎の疑いもクリア。
前回検査から2ヶ月ちょっとで行って来ましたが、尿検査は今回はタンパクもバクテリアも潜血もなく問題なしでした。
ただし今回は血液検査にて、CREAがいままで最高値の2.8、BUNは初めて正常値を超える38となりました。
BUNに関しては食事の関係もあるかも知れないので、1ヶ月後に絶食させて再検査ということに。
血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2009.7.4 食事の関係もあるかも、と言われ、今回は絶食して臨んだ再検査。
ところが前回よりも更に悪い結果がでてしまいました。
ちょうど10日くらい前に急に食欲不振になり、前日がひどく暑くなった日だったので、熱中症かも、とエアコンをつけたり、毛を梳いたら食欲は戻ったんですが、今となっては暑さ負けなのか、腎臓が悪いせいなのか不明ですね。
今回よりネフガード(活性炭の補助食品)を飲ませてみて1ヶ月後また検査でダメならまた考えなければなりません。
ネフガードは医薬品ではないのでネットで買えますが、効果がなければ医薬品の活性炭になるので病院の処方が必要なのと、そのうち自宅補液もしなければなりません。

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2009.8.8 前回より活性炭を導入、1ヶ月後の検査でしたが、結果はBUNは正常値へ戻ったものの、CREAは0.1下がったのみ。
大して下がらなかったので、ネフガードを1粒増やすことに。
現在朝は顆粒タイプを1回1袋、夕方に粒タイプを1回2粒でしたが、夕方のみ3粒に。
1ヶ月後に再検査で結果が悪ければネフガードを止めてコバルジンを試しますが、動物用医薬品なのでネットでは買えないとのこと。
だけど、帰ってきてから調べたら、売っていました。

販売サイト (ネフガードも取扱)
ペット健康便本間アニマルメディカルサプライ

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2009.9.5 先月、BUNが正常値になんとか戻ったものの、CREAの下がりようが芳しくなかったので、ネフガード(活性炭)の量を増やして様子をみたんですが、これでダメなら、コバルジンに替えようという話でした。
先月、楽天で購入できるサイトも見つけたし覚悟して検査に臨んだところ、CREAがさらに0.2下がっていたので、ネフガードのまま様子をみることに。
このまま下がることは期待しすぎかも知れないですが、また来月までネフガードでがんばります♪

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2009.10.10 BUNの値が7月まで戻ってしまいました。
ネフガードの量を増やすか、コバルジンに替えるかをドクターと相談。
結局コバルジンに替えてみることに。

帰ってから楽天でみたら、「ペット健康便」では「メーカー欠品中」の文字が。
「本間アニマルメディカルサプライ」では通常通り受注メールが来ていたので、在庫があったのかしら。
ネフガードが終わったら、ということだったのでまだ余裕はありますが。
次回の検査は、コバルジンに切り替えてから1ヶ月後になります。

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2009.11.28 ネフガードの粒タイプが終わってからコバルジンに替えて、その1ヶ月後ということだったので、1ヶ月半くらいになりました。
コバルジンに替えて診ていただいた結果は、BUNがちょっと下がり、CREAが少し上がるくらい。つまりあまり変わらなかったです。
コバルジンの1日に一袋を4回に分けて、食事のたびに混ぜてあげてたのですが、これを2袋に増やして同じように4回にわけてあげてみることに。
それでも同じだったら、コバルジンは元に戻してもいいとのこと。

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2010.01.16 コバルジンの量を前回より2倍に増やした結果BUN前回と変わらず、CREAは10月くらいに下がりました。
コバルジンはこのままの量にしていくことに。

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2010.03.14 BUNの値が10近く上がっていましたが、CREAは安定しているので、このままでいきましょうとのこと。
ただし、白血球の数値がいつも低いので、腎臓に結石ができている可能性もあるので、次回低かったらエコーを行います。

血液検査数値は「血液検査項目比較」をごらんください。
2010.05.19 18:30、脳幹出血により突然に虹の橋へ旅立ちました。
今後の検診はありません。

今日は 、次の検査日はありません。





99.12.4の腎機能生化学検査結果

テスト項目 結果 正常値
ALB 3.18g/dl 2.60〜3.90
BUN 17.5mg/gl 16.0〜36.0
Ca 9.27mg/dl 7.80〜11.30
CREA 1.56mg/dl 0.80〜2.40
PHOS 5.25mg/dl 3.10〜7.50

すべて正常値に収まってはいるものの、腎機能でもっとも重要視される
BUNとクレアチニン。前者を後者で割った値が9.6。

こちらの正常値は10〜20なので、正常値からはずれてしまっています。

これは、クレアチニンに比べ、BUNが異常に低いということなので、
要注意、という結論が出てしまいました。




00.3.5の腎機能生化学検査結果と、99.12.4月との比較

テスト項目 12/4 3/5
ALB 3.18g/dl 3.50g/dl
BUN 17.5mg/gl 23.2mg/gl
Ca 9.27mg/dl 10.4mg/dl
CREA 1.56mg/dl 1.30mg/dl
PHOS 5.25mg/dl 4.60mg/dl

前回低すぎたBUNが今回はあがっており
9.6だった値が14.9に。正常値になりました(^o^)



  ウロキャッチャーです。下の画像はちっこを吸い取るスポンジの拡大。
吸い取ったらもう一度この袋に入れて粘着部を再度貼りつけます。





袋の裏に説明が書いてあります。

「採尿用スポンジです。排尿中、または直後にスポンジ部を
10秒以上尿につけ、吸い込ませます。一度尿にひたした
キャッチャーは、なるべく早く獣医さんにお渡しください。
※やむなく時間をおくときは、冷暗所に置いてください。」
 

オススメ本
よい獣医さんはどこにいる
WAVE出版発行 ISBN4-87290-083-9

著者◎坂本徹也。1,500円+TAX
発行者◎玉越直人
装丁◎黒須俊一郎
装画◎きたやまようこ
2000.9.1第1刷

WAVE出版
千代田区九段南2-4-9 千波ビル5F
TEL03-3261-3713 FAX03-3261-3823

☆定期的な健康診断を受けるためには、
ドクターとの信頼関係が不可欠。
心から信頼できるドクターをぜひ探して
あとで後悔するようなことのないようにしてくださいネ。

#出版社絶版ですが、新装版が発売になりました。
WAVE出版発行 ISBN4-87290-166-5
2003年9月発行、1400円+TAX
【詳しくみる】


>>Back >>Next >>Home